猫屋春子はかく語りき

CAT AND SPRING

来る!きっと来る!GWが来る!

ああー、4日で終わる仕事を1週間も引っ張っちゃってGWも後半に突入。でもやっとこさ今日仕上げて週末までは何もしないと決めた。在宅で仕事やってるといつ休めばいいのかよくわかんないすよね。

そういえばさっきTOKIO4人の会見を昼飯を食いながらテレビで観ていた。いやあメンバーじゃないから詳しいことはわからんけど、こういうとこで結構人間性って出るもんだね。誰がストレートで誰が器がでかいのか、優柔不断なのか。でも全体的に好印象な会見だった。メンバー内でも意見が割れてんだろうなあって思って観てたら、国分太一が「メンバー内でも意見が分かれているところですが」って答えてて。うん、なんか正直でいいなと。あるじゃないですか、せっかく会見開いてんのに、のらりくらりと質問を交し「弁護士に任せてある」とかどーでもいい回答を述べ、全く開いた意味をなさない会見とか。そんなんじゃなかったから、TOKIOは今後も大丈夫じゃないかなと思う(無責任だけど)。

ジャニーズつながりで、日曜日にやってる二宮和也主演の「ブラックペアン」を観ている。今期観ているドラマは「ブラックペアン」と「おっさんずラブ」とNHKの神木くんのドラマの3つ。特に「ブラックペアン」面白いねー。ああいうダークヒーロー好きな私としてはたまらんものがあります。今からDVD出たら欲しいとまで考えている。「リーガルハイ」の古美門先生にはまって以来かな、この感じは。「リーガルハイ」と同じ古沢良太が脚本を書いている「コンフィデンスマンJP」も観てみたけれど、どうも長澤まさみのあの演技がハマらなくて観ていられず観るのをやめた。コメディエンヌとか言われてるけど、いやあの容姿でコメディエンヌってどうなの。それなら「おっさんずラブ」に出ている伊藤修子さんの方がよっぽどコメディエンヌだよな。とにかく長澤まさみでは笑えんのだ。「コンフィデンスマンJP」の雰囲気は「リーガルハイ」っぽくて好きなんだけどな。(蛇足だけど今回、古沢良太脚本に長澤まさみが呼ばれたのって、「リーガルハイ」で古美門がガッキーに対して「長澤まさみだったらなあ」みたいなセリフを言うところが伏線になっているのだろうか。古沢良太ってまさか長澤好きとか!?)

あとバイプレーヤーズのシリーズ第2弾が数ヵ月遅れで放送されたのを観た。シリーズ第1弾も好きだったけど第2弾も楽しかった。大杉漣さんが楽しそうに笑っているシーンばかりでなんか寂しくなったけども。第1弾同様、第2弾もオープニングは10FEET、エンディングは竹原ピストル。どちらも素晴らしい楽曲。仕方のないことだけどバイプレーヤーズの第3弾がないことをとても残念に思った。


竹原ピストル / ゴミ箱から、ブルース(ドラマエンディング ver.)

広告を非表示にする