猫屋春子はかく語りき

CAT AND SPRING

つべこべ言わずに

最近村上春樹の「1Q84」を文庫版で読んでいて、

やっと最終巻まで来た。

何故、今更読み始めたかというと、

自分の中の「小説はこうあるべき」という考えが崩壊したからだ。

どんな小説も読んでみることだと今は思っている。

とりわけ、自分が忌避しがちなものは。

小説は人生と同じである。

読んでみなけりゃわからない。

そして、他人の読書感想文なんかどうでも良いのじゃ。

自分自身がそれをどう思い、感じるかが大事なのじゃ。

 

広告を非表示にする