猫屋春子はかく語りき

CAT AND SPRING

安楽死推進派

オランダで、いよいよこのような条例が可決されたらしい。

blog.livedoor.jp

私は安楽死推進派だけれども、

死にたい人はとりあえず死んでしまえば良い、などと考えているわけではない。

しかし、「生まれる」ことをやたらに重視する昨今の風潮などは、

なんだかなあと思わんでもない。

 

いや、おめでたいことだとは思うけど、

結婚と同様に、出産もそれがゴールではなくスタートである。

その後、20年間は育児という仕事が待っている。

そのうちに金はなくなるわ、体力はなくなるわ、

せっかく産んだのに「産んでなんて言ってない」って言われるわ、

育児って一体なんなんだということになりかねない。

おめでたいのは、個人ではなく、国にとってであろうよ。

 

かく言う私は、アラフォーにして生まれてきて良かったという実感は持てない。

だから、子供は産まない。

自分が産まれてきて良かったと思えない世界に、

なんで自分の子供をわざわざ産み落とさねばならんのだ。

 

そもそも、不妊治療など、「バースコントロール」はあるのに、

「デスコントロール」はどうしてないのか。

バースは尊重されるのに、何故デスは尊重されないのか。

バースは本当に良いことか?明るいことか?

デスは本当に良くないことか?暗いことか?

 

そうしたことを考え直そうという意味においても、

安楽死を推進することは無意味ではないと考えている。

 

デスに関しては、日本は後進国だと思う。

広告を非表示にする