読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋春子はかく語りき

CAT AND SPRING

殺伐としているのは誰だ

殺伐とした現代社会ウンヌンカンヌンとか

殺伐としながら語る人、いると思います。

殺伐が好きではないんだけど

なんか殺伐とした気分になっちゃうこと、あると思います。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

この記事を読んで、うむ、そーなんだよなーと思いました。

 

2010年6月はまだ中国で働いていて、

公共機関では妊婦やご老人に非常に親切に接する人民を、

たくさん見ました。

席を譲らなかった若者は、非難されたりもしていて、

ひどく驚いたもんです。

 

その頃、東京に一時帰国する用事があって、

移動するために東京の電車に乗ったんですが、

優先席が埋まっていて、お腹の大きな妊婦さんが立っている姿に衝撃。

そして、誰も席を譲らないことに再度衝撃。

妊婦ではない私は当然立つわけですが、

一人くらい、譲ってやっても良いだろうよ、そんな風に思いました。

あの光景は、今でも目に焼き付くような衝撃として、

はっきりと覚えています。

 

今でも、そう、らしい。

 

席を譲ったから、なんだと言うんだ。

恥ずかしいのなら、声などはかけず、

妊婦さんを見ながらでも、ソッと立ち上がるが良い。

きっと、気づいてくれるはず。

 

殺伐とした車内で、

自分が殺伐としていることにも気づかない多くの人々。

殺伐とした社会をつくっているのは、

一体誰なんだろうね。