猫屋春子はかく語りき

CAT AND SPRING

iPhoneの夏、LINEの夏

最近、スマホを買った。iPhoneである。ガラケーもそのまま持っているので正直スマホはあまり必要ないんだけど、ガラケーで見られるサイトが減ってきたのだ。一番ダメージを負ったのはグーグルマップ。ガラケーで見られなくなってから、どんだけ苦労したことか。

そういえば私は2年ほど前にもスマホ購入を検討し、某格安スマホに申し込んだことがある。しかし、なんかわからんが「申し込みに対応できない」とされてスマホにするのを諦めた。多分、支払いをクレジットカードではなくデビットカードにしたのが敗因だったのだと思う。それからというもの「もうスマホにはしねえ」というどーでもいい意地がメラメラと心の中に芽生えた。某mineoめ。

んであれから2年ほどたち、いよいよいろいろなサイトがガラケーで見られなくなった。四面楚歌。ガラケー包囲網がガチガチに敷かれている昨今。仕方がないと思い、ガラケーのサイズとあまり変わらない小さなスマホiPhone SEを購入。いろいろ初期登録を終えて、フリック入力とやらも覚えて、LINEにも登録してスタンプとやらも使ってみた。

うーん、使い始めてまだ日が浅いからなのか、ガラケーに勝っているところが1つもないぞ。iPhoneくん。とくに便利さ、頑丈さにおいてはどんなスマホよりもガラケー一強だ。落としても壊れないし、片手でキーが正確に打てる。またLINE、やってみたけど、あれさ、返信が1つの吹き出しで終わらずに、2つ、3つと増えていく場合あるじゃん。だからこっちが返信打ってる間に、あっちの返信がどんどん増えてって、こっちが打ってた返信とは違う話になるという・・・。そんで打ち直す手間がかかるという・・・。

おい!みんなに聞きたい!スマホ便利か??LINE便利か??本当に便利か?????WEBのサイトが十分に見られるんなら、通話もメールも質はガラケーのが上じゃないか?????正直に言ってほしい。そして思い出してみてほしい。自分は何故スマホを使い始めたのかを。

その昔、中国に頻繁に行っていたころ、ちょうど2010年になったあたりかなあ。日本より早く中国ではスマホの波が来た。もうその頃にはほとんどの人がスマホ。んですんごい年収の低そうな人が、何故か高そうなスマホを持っているのをよく見た。あっちの人に聞いたら、借金してまで高いスマホを購入するとのこと。あっちには当時(多分今も)、日本のような本体価格を割賦する制度はなかったから、購入する際は一括じゃなければならなかったわけだけど、おそらく、それほどまでスマホは彼らのメンツや見栄と強く結びついていたのだと思う。メンツ命の国ですから。

世界に追随しろとか、世界標準を目指せというのは理解できないでもないけど、日本独自に発展した携帯電話をガラパゴスケータイとか言って皮肉り、多くの国民をスマホへと移行させたのは、なんだか残念なことだなあと思う。そして多くの国民は、何故こんな便利なものをみすみす手放したのか。スマホの方がかっこいいから?ガラケーより新しいから?周りの人に流行遅れって思われたくないから?ガラケーなんてダサいから?まあ、そもそも販売されているガラケー機種もほとんどなくなってきたし、仕方ない部分もあるんだろうけど、なんかねえ、残念だよねえ。

なーんてことを、スマホを実際に使ってみて感じたのでした。でも案外、1年後にはスマホに慣れて、スマホ最高!とか言ってたりしてね。

広告を非表示にする