猫屋春子はかく語りき

CAT AND SPRING

またひとつおわる


凛として時雨 『DIE meets HARD』


「おわり」はいつも唐突にやってくる。
このときも、そのときも、あのときも、そう。

あのときは、数年前のこと。鮮烈に覚えている。
私は中国で働いていて、校内にある外教アパートの前庭の、
だだっ広いテニスコートで学生相手にスピーチ指導をしていた。
夕方、赤く焼けた空をふと見上げたとき、
私は、ことの「おわり」がやってきたことを理解した。

10年間、闘ってきたことだったから、
「おわり」が来たなんて、すぐには信じられなかったけど、
日を追うごとに、それが本当におわったことをさとった。

なんにでも「おわり」は来るらしい。

どんなに怒りや恨みでいっぱいになった心も、
「お前をこえてやる」と思いながら努力した日々も、
苛立ちと哀しみとで、ごちゃまぜになった恋心も、
いつかはその執着が消えて「おわり」が来る。
(ただ、それについて努力してない場合は、
来ないままかもしれないけどねー。)

きっと自分が死んだときも、こんな感じなのかもしれないな。
最初は、「おわり」を信じられないんだけど、
日を追うごとに、信じざるをえなくなるというか。
49日を過ぎたら、死人は成仏しなければならないんだよね。
あの世にもルールがあるなんてさ。
ちょっと世知辛いよな。

広告を非表示にする