猫屋春子はかく語りき

CAT AND SPRING

そんなの自分で決めろや

忙しさの合間にちょっと更新。
明々後日、私は空の上で長旅です。
ところで、更新したのは以下、こんな記事を見つけたので。

headlines.yahoo.co.jp

炎上商法が出版界にもはびこってますなあ。

しかし、「市場価値」って果物じゃないんだからさ。
果物なら、「美味しく食べられるまで」が市場価値だよね。
でも、こんな記事に振り舞わされる妙齢以降の女性っているのかなあ?
本当に不快とかいうクレームが来て記事取り下げになったのか?
全部、出版社側の自作自演じゃないのか?と疑ってしまう。
そして、どうしていつも女性は価値を付けられる果物の側なんだろう。
出産できるできないとかいう問題があるから?

市場価値とか、気持ち悪い。
それって、自分の存在も他人の存在も利益的に見ているものの言い方だよ。
「社会貢献」なんかもそうだけど、利益を生み出さないものに価値はないのかね。
利益を生み出さないからって、その存在をバッサリ切っていたら、
いつのまにか社会のキャパが狭くなって、余裕もなくなってしまう。
キミらの大好きな「豊かな国、日本」は全く豊かではなくなってしまうぞ。

そもそも何故に他人に自らの価値を決められなければならんのか。
誰かの役に立っていないと、求められていないと、不安だからか。
誰の役にも立たない、逆に嫌われて邪魔もの扱いされる、
そんな自分は、価値ゼロか。
いいんだよ、自分の価値は自分で決めて。
それ以前に、自分が何かの価値観で量られることのできる存在であることを、
疑ってみてほしい。
量ることができるのなら、キミは一体どんな価値観で量られうるか?

広告を非表示にする