猫屋春子はかく語りき

CAT AND SPRING

世界は輝いている

短期の仕事があまりにも激務で、

いろんな番組やドラマを撮りためている。

観るのはきっと7月になるんだろうなあ。

 

ところで、

本日は病院に行くと言って、無理くり休みをとった。(嘘をついたわけではない)

ので、さきほど昨日のアメトークなんかの録画を観ていたのだけど、

ヒョンなことからYoutube小沢健二の新曲「流動体について」を

見つけてしまい、聴いてしまい、感動してしまった。

 

高校時代、小沢健二&フリッパーズギター狂いだった私は、

同じく狂いだったクラスの友達と、放課後の掃除をさぼって、

小沢のライブなんぞへ出かけ、その後数か月、

魂が抜けたまま過ごしたりしていたわけだが、

最近、再び小沢をテレビで観ることができて、

ああ、生きてて良かったと思った。

私にとって小沢健二は、

同時代に生きてて良かったと感じられる音楽家の1人である。

 

そいで、テレビで小沢の新曲「流動体について」を聴いたのだけど、

どうも携帯ではデータ配信されてないらしく、購入できず、

CDを買えば良かったのだが、買わずにいたもので、

ずっと気になっていて、今日Youtubeで聴くに至ったのだった。

 

1回目を聴いてから、すでにもう何度もリピートしている。

それにしても、90年代と変わらず、なんともキラキラした曲だ。

おそらくそれは、小沢の生きている世界が輝いているせいなのだろう。

だからといって、地に足のついていない、

浮かれた言葉ばかりを並べた曲なんかでは決してなく、

多様性の中で生きている自分とか、

様々な選択肢の中で現在の立ち位置にいる自分とか、

いまの年齢にしか書けない深くしみじみした趣をあらわし、

だからといって、曲には全く暗さはなく、

なんとも多幸感と光に溢れた楽曲になっているのである。

 

「も・し・も 間違いに気が付くことがなかったのなら?

並行する世界の僕は どこらへんで暮らしてるのかな 

ひろげた地下鉄の地図のすみまで見てみるけど

神の手の中にあるのなら その時々にできることは

宇宙の中で善いことを決意するくらい」

(「流動体について」 作詞:小沢健二

 

いつも胸の中に音楽を奏でながら、

いろんな場所でいろんな物や人を見て、

いろんなことを考え、いろんな夢を見てきたんだろうな。

日本から突然消えたように見えたけれど、きっとそれは

小沢健二小沢健二でいるためには必要なことだったんだろうな。

そして、「流動体について」を聴き、小沢健二は公に歌っていなくても、

やっぱりミュージシャンなんだなと思った。

生涯、ファンでいてしまうんだろうな、自分は。

広告を非表示にする