読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋春子はかく語りき

CAT AND SPRING

ちょっと愚痴ろう

ちょっと愚痴りたい、なんつーかこの胸のモヤモヤを。

いま住んでいる県は、住むには環境は良いのだが、
仕事をする上では適していない県である。
仕事に関しては、なんつーか、
いまで言うところの「意識が低い」。
意識が低い、低すぎる。

この県に住んで、4か所で働いた。
働いた場所は、高学歴の人が集まるところから、
低学歴の人も仕事をしている職場まで、様々だ。
しかし、いずれも、意識が低いのは同じであり、
他県出身の私にしてみれば、ウンザリする。

まず、一番嫌なのは、重要なことを言葉にしないこと。
言わなきゃわからないのに、察してくれという態度にでる。
いや、察するも何も、言わなきゃそもそもわからないから。
そして、質問をすると、妙な空気になること。
まるで質問することは禁じていますとでもいうような、
そんな感じになる。
さらに、新人が入ったときの、とりあえずのマニュアルが、
どの会社にも見当たらなかったこと。
だから、教えてくれる人によって言うことが違う。
教えられた通りにやっていると、それは違うと怒られる。

もう、いい加減にしてほしい。

先日も早朝からの仕事で、朝7時45分に社用車で出発のはずだった。
だから、7時45分には車の後ろに荷物を積まなきゃいかんのだよなあと思い、
間に合うようにエレベーターに乗ったら、
一緒に出発する男性の1人もそのエレベーターに駆け込んできた。
「あれ?まだ車に乗ってなかったの?」
と私は思ったが、その男性は「もう行くの?早いね。」

いやいや、ちょっと待って。時計はもう7時45分寸前ですよ。
のんびりと言えば、そうなのかもしれないけれど、
そうなんでしょうか。のんびりとはまた違いませんか?それ。

また、現職場にて、今週で研修が終わったので、
来週のスケジュールを聞こうと思って電話したら、
「まだ決まってない」とのこと。
おいおい、明日、おたくの会社、休みだよなあ?
それとも休日出勤とかするのか?
辞める人が多いのもわかるよなー、これじゃ。
会社にやる気がないんじゃ、働く人間もやる気なくすわ。

この県に来るまでは、
どちらかと言うと仕事にやる気のない方だと言われてきた。
しかし、この県に来て、前職場では「仕事に気合いが入ってる」だとか、
わからないことがたくさんあり、それを上の人に質問していたら、
「そんなに質問する人は珍しい」とか言われた。

そーだよなー、上に質問してる人、
私もこの県の他職場で1人も見たことないですよ。
だから、わからないことがあったとき、どうしてるんだろうと思う。
マニュアルも無いわけで、どうやって?自己流?なんとなく?

田舎である、この県は人が少なくて過ごしやすいとは思う。
でも、これまでの歴史上、人の異動や流れが少ないためか、
また、人が移動しなくても流れて来なくても良かったためか、やや思慮に欠ける。
思慮に欠けていない人は、とっくのとうにこの地を飛び出しているのだろうな。

ああ、地方都市(都市というほど都市ではないが、一応県庁所在地なので)は
倦んでるなあ、と思う。
でも、地方都市がないと機能しないものもヒトも多いんだろうから、
それなりに今に世の中で重要なファクターなんだろうなあ。

倦んでる、ということが。人が。

なんか、そういう県で生きてると、
「自分が間違っているのか?」と思わざるを得ないんだけど、
これはその土地の持つ価値化の違いで、
正しいとか、間違っているとかいう話ではきっとないんだろう。

昨日、話した若い女子は、
「私、頭が悪いから~、本当に悪いから~」と、
まあ、他人の手前、自虐的に言ったのだろうが、
なんつーか、他人の前で、自らを「頭が悪い」って言っちゃえるのって、
イコール、学生時代、勉強ができなかったということなんだろうけど、
それを、自分の頭の悪さにしている時点で、
「なんか違わないか?」と思うのは私だけか?
悪いのは頭じゃねえ、お前だろと考えてしまう私は鬼だろうか。

同じ日本と言えども、いろいろな地域があるなあ、マジで。

広告を非表示にする