読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋春子はかく語りき

CAT AND SPRING

謹賀新年(xinniankuaile)

知らないうちに新年は明けていた。

 

昨夜10時半頃、リビングで意識を失い、

気が付いたら深夜1時半を回っていた。

意識を失うというのは、誰かに殴られたというのではない。

入眠の記憶が無い場合、つまり入眠まで時間がほとんどかからない場合、

それは眠っているのではなく、実は気絶しているらしいことから来ている。

news.livedoor.com

そんなこんなで起きたら新年はもう来ていた。

どこからどうやって来たのかはわからないが、

起きた時には2016年はどこかに消え、2017年が姿を現していた。

テレビでは、新人芸人のネタを見て、観覧客が笑っていた。

 

新年が来た実感はまるでないが、年の方から来てくれるのだから有難い。

私の状態にかまわず、新年は来る。

生きている間は、来年も再来年も、その翌年も。

死にかけていても、来るのだ。

1年が1年半になったり、2年になったりすることはない。

必ず、1年は「1年」で終わる。

不思議なことだと思いながら、1月1日を過ごす。

 

お雑煮はまだ食べていない。

まだというか、今年は食べないかもしれない。

菓子パンがいい。

今年は菓子パンを喰おう。

 


Judy and Mary - Omedetou (おめでとう) (Live 1997)