猫屋春子はかく語りき

CAT AND SPRING

豊かさとは多様性のこと也


Taylor Swift - Love Story

 

夏にTaylor Swiftを聴くと、涼しくなるという仮説。

 

数日前、大きな事件が起きました。

45人が殺傷され、うち19人が殺され、

また、その全てが障がい者だったという、大きな事件。

 

それで思い出したんだけど、

自分の友達も大学卒業後、似たような施設で働いていました。

しかも、住み込みで。

そこは山奥で、かなり敷地が広くて。

職員の住居も余裕で建てられるほど広くて。

一度、その住居を訪れたことがあるんだけど、雰囲気が暗く、

家賃が高いエリアでもないので、自分なら敷地の外に住むかなあと思った。

同年代の職員とワキワキやっていたけれど、

「指を入れて他人の〇ん〇を出せるようになった!」と嬉しそうに言っていたときは、

うん、驚きました・・・。

細かい話は聞かなかったけど、大変なんだろうなーと思って、見てました。

(だって、〇ん〇だよ・・・)

現在はその仕事も辞めて、3人の子供の母親になっていたりする。

 

という、オチも何もない話です。

 

正直、今の若者の何割かは、

「役に立たない人間は、いる必要はない」って思っているかもしれない。

多分、時代的に、「社会貢献=役に立つ」ことが善いことって教育を

受けているだろうから。

しかし、うちらの時代の教育から言えば、

そもそも人間とは「役に立つ=社会貢献する」ために存在しているわけじゃない。

存在するから、存在するのであって、それ自体が尊く、

役に立つとか、立たないとかは関係がない。

また、生きていく中で、考えが違っていたりして、

同じ人間でも、いろんな人がいるもんだなーと実感したりして。

教えられなくても「豊かさとは多様性のこと也」ということに、

なんとなく感づいていた。

 

実際、生物は多様性によって遺伝子をつなげ、生き延びてきたわけです。

www.wwf.or.jp

社会に貢献できないから殺しちゃうという、今の若者的な論理思考もわかるけど、

その社会って、一体何?どこにあるの?って聴きたい。

それよりなにより、「周りを不幸にする重複障がい者」とかさ、

アンタに関係ないじゃん、ってより、その人たちが入所してくれる御蔭で、

給料もらってさ、働くところも与えられたじゃん。

殺す以前に、御陰様じゃないの?と聴きたい。

辞めさせられて恨みに思っていたっていうけど、

嫌なところから解雇されて、万々歳じゃないの?って聴きたい。

「俺が日本を変える」とか、アンタの嫌いな障がい者の御蔭で、

一時的にでもヒーロー面できたんじゃないの?と聴きたい。

 

疑問でいっぱいの事件です。

アラフォーのおばさんにしたら、甘えてるのね~って事件です。

せめて、大麻とか、やっていなければ、まだ説得力あったのにね。

広告を非表示にする