猫屋春子はかく語りき

CAT AND SPRING

それだけが理由じゃないから


モンキーマジック/ゴダイゴ

最近、気づいたことがある。

その土地に残っている人というのは、

その土地の勝ち組だということ。

負け組は?

逃げるしかないよね。

style.nikkei.com

もしそこがその女性の生まれ育った土地であるなら、

学生時代に、ほぼ100%容姿でヒエラルキーが決まってしまっているだろうと思う。

ヒエラルキーの末端にいる女性は、

もう、おそらくどんなことをしてもそのヒエラルキーを覆すことはできない。

男性なら、学歴や就職先、年収で覆り得るかもしれないけど、

女性のヒエラルキーは基本、容姿である。

だから、別の土地に出て、別のヒエラルキーを求める。

別の土地が都会じゃなきゃならないのは、

 

①いっぱい人が集まっているのをテレビ等で観て、なんとなく都会にでてしまう。つまり、「都会」は出やすい。

②「都会」に出るというステータスを得ることで、それまでに構築されたヒエラルキーの転覆を願う。

 

じゃないと、生まれてから死ぬまで、

ずっとそのヒエラルキーの中にいなきゃならないし、人間関係も決まってしまう。

そこで馬鹿にされている女性は、一生、馬鹿にされ続けなければならない。

勝ち組は気づかない。差別をしていることを。

差別をしている方は、そういうことにひどく鈍感だ。

差別をされて、はじめて、差別の実態を理解することができる。

記事で書かれているように、その土地の因習も原因なのかもしれない。

因習込みのヒエラルキーなら、尚の事、その土地からは出なきゃならない。

 

負け組は?

逃げるしかないよね。

そこら辺も、含めて考えてくれんとね。

広告を非表示にする